スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判、実刑8割弱=親族間殺人で刑猶予も-09年、142人に判決(時事通信)

 5月に始まった裁判員制度。今年は8月の第1号から今月18日までに138件の裁判員裁判が開かれ、142人に判決が言い渡された。時事通信の集計では、判決はすべて有罪で、77%に当たる110人が実刑だった。
 懲役の実刑判決を見ると、量刑(刑の重さ)の検察側求刑に対する割合は平均78%だった。検察の求刑通りは7人で、うち4人が強盗強姦(ごうかん)、強姦致傷など強姦を伴う罪だった。
 実刑のうち、無期懲役は強盗殺人罪の1人、20年以上は殺人や強盗致死の罪に問われた3人だった。
 一方、2件の殺人事件で執行猶予が付いた。いずれも親族間の事件で、長年にわたり認知症やアルコール依存症の被害者を世話したなどの事情があった。
 執行猶予の32人中、20人に保護観察が付けられ、被告の更生を重視する傾向がうかがえた。ただ、保護観察所に出頭せずに所在不明となり、判決から2カ月余り後に窃盗容疑で逮捕された元被告もいる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
薬局で「青酸カリ出せ」=事務員に包丁、けがなし
09年は1200人起訴=裁判員裁判対象事件
ATM男、3度目逮捕へ=別の強盗致傷事件で追起訴
「解決のため語り継ぐ」=遺族が講演で訴え

モバイル界王拳
みつおのブログ
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
モバイル ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みやがわひで
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。